2015年10月12日

カミさんのカメラ・レンズ購入予定!!


購入予定は、このカメラ・レンズです。
カミサンは腰が悪いので、長時間カメラを担いでの
撮影が思うようにできません。
なので、このように極力軽いモノを使用することに。
ただこの軽さが森や林の中に分け入った時に
効果を発揮するのです^^。
自分のEOS1DX+EF800mmは三脚(勿論カーボン)と合わせて
約10㎏の重量があります。
なので振り回しのききずらい800㎜は木立の中では不向きです。
そんなときは軽いほうが良いのです(個人の意見ですが)


31uxlkjdghl__sl160_


K0000748941


K0000693648_0001

posted by 辰ニイ at 14:16| Comment(10) | カメラ及び周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、シグマの150-600ですか?
鳥をファインダーに導入するにはズームが便利ですよね。
ニコンの200-500もかなり良さげなんですが、aps-cにいいカメラが無いんですよね。
Posted by well-u at 2015年10月12日 22:20
Well-Uさん(^O^)
コメントアリガトウございます。
実は何を隠そうWell-Uさんにコメント頂きたかったのです。
今カミサンはソニーのカメラにシグマの50~500ズームを使ってます。
ただカメラがかなり古いのでこの際カメラとレンズを新たに更新しようと。
とにかく軽くなくては駄目なので、これでまた10年は頑張って貰おうと。
Well-Uさんがおっしゃったシャッター速度もそれなりに速いので(^_^)v
このセッティングに落ち着きましたm(_ _)m
Posted by 辰ニイ at 2015年10月12日 22:29
なんとも羨ましい限りです。
僕は入門機としてPENTAXのk-30を購入したのですが、技術は無いのに見栄だけは一人前になりました。
やはりフルサイズが欲しくなるんですね〜。
Posted by 黒騎士 at 2015年10月14日 19:42
黒騎士さん^^

フルサイズが何かも知りもしないで
1DX買った自分は(爆)
とにかく野鳥を撮るには
シャッタースピードとレンズの明るさと
あとは液晶中心のAFが即座に
決まること、これですね^^
これでカミさんも頑張れるでしょう。
コメントありがとうございました。
Posted by 辰ニイ at 2015年10月14日 20:00
辰ニイさん、どうもです。
ライブビュー中心ですか?
明るい太陽光の下だと液晶が見にくいことは無いですか?
液晶部分に付けて使う箱メガネみたいなヤツがあればすごく使いやすくなりますよ。
実は最近買ったDP0で初めて使ってみましたが、やみつきです(笑
Posted by Well-U at 2015年10月16日 14:50
Well-Uさん^^
ライブビュー中心?
ん~~~っと、え~~っと(笑)
とにかく自分たちは野鳥しか撮りません。
なのでレンズも望遠しか買わないし
他のものは持ってないのです(爆)
とにかく中心1点のみにピントが合えば
良いわけなので、あとはひたすらに
被写体が現れるのを気長に待つこれだけです。
液晶の箱メガネですが、上手く動き回る被写体に箱メガネでもって
追いかけられますか?
カミさんが出来るならDIYで作るのも楽しみですね^^;
Posted by 辰ニイ at 2015年10月16日 19:01
辰ニイさん、どうもです。
ファインダーではなく、背面液晶で見てるんでしょうか?それなら箱メガネが有効です。何にしても片目で覗きますので、大きな差は無いと思いますよ。
Posted by Well-U at 2015年10月19日 08:25
Well-Uさん^^
ありがとうございます。
カミサンや自分はファインダー覗きです。
背面の液晶は画面の奥行きが分かり辛くないですか?
きっと慣れも有るんでしょうか?
自分はどうも始めの出だしがファインダーなんで
馴染みが薄いです。
でも一度やってみます^^
ご教示有難う御座いました。
Posted by 辰ニイ at 2015年10月19日 09:07
辰ニイさんがファインダー中心ならそれでいいと思いますよ。
ライブビューだとAFはコントラスト方式のみになって、どうしても遅いです(しかし正確です)。
お使いのカメラは位相差方式で十分速いですから、鳥の場合はファインダー中心で良いと。
Posted by Well-U at 2015年10月22日 11:48
Well-Uさん^^
ありがたいです!!!
そう言ったコメント、ご指導や
解説が自分にはとっても参考になり、
安心につながります(感謝!)
Posted by 辰ニイ at 2015年10月22日 11:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください